院長ブログ

指のリハビリ

皆様おはようございます
みやリハ院長の宮﨑義久です。当院のブログをご覧頂きありがとうございます。

新型肺炎の自主規制の中、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
4月より、私の専門領域の一つである手外科の話を行っております。

今回は自宅でもできる指の訓練のお話です。
指は左右で10本あり、関節がたくさんあります。
当然、指を動かす腱や関節を安定させる靭帯もたくさんあります。
と言うことは、関節の拘縮が起こりやすい部分でもあります。
骨折などでしばらく固定を行った後にリハビリを怠ると、かなりの確率で関節拘縮が発生します。
私の外来では、リハビリスタッフが対応する関節運動のリハビリと、自宅でのリハビリを説明しております。
6pack訓練」をお勧めしております。

このような6つの運動です。
外来リハビリも重要ですが、自宅での自主トレーニングも大切です。
お風呂上がりで関節が温まった直後が有効です。
日頃からの運動が大切です。
指のトラブルも健康寿命に大きく影響します!日頃の運動に試してみて下さい。
当院では皆様の健康寿命のお手伝いを行っております。

投稿日:2020年04月19日

TOP