院長ブログ

手のしわについて(手相?)

おはようございます。
みやリハ院長の宮﨑義久です。当院のブログをご覧頂きありがとうございます。
あっという間に4月が終わってしまいました。
新型肺炎の注意と地域の皆様に対するクリニックの貢献を意識しながらの1ヶ月でした。
まだまだ至らないことが沢山あることを痛感しております。
沢山のはげましとアドバイスをありがとうございました。
5月からの診療体制に反映したいと思います。

ところで、皆様は手のしわを気にされたことはありますでしょうか?
この画像は私の右手のレントゲン写真と手のひらの写真を合成しております。

皆様の印象としては、運命線や生命線といった手相でしょうか?
実は手のしわもちゃんと解剖の名前がついております。
まずは赤色の線は母指球皮線、青色は近位手掌皮線、緑色は遠位手掌皮線です。
母指球皮線は母指、近位手掌皮線は示指と中指、遠位手掌皮線は環指と小指を曲げるときに出来るしわです。
関節の位置とは若干すれるのが特徴です。
この皮線は手の深部にある神経、血管、骨の位置を推測することに役立ちます。
要するに、手術を行う際にメスを入れる部位を決定します。
皆様はちょっと手相の考え方が変わりませんか?

投稿日:2020年05月03日

TOP